がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

医者

自律神経が乱れる症状です

病院

自律神経失調症は、身体的な症状だけでなく精神的にも不具合が生じ、うつ病や更年期障害を併発させる事があります。乱れた生活習慣や過度なストレスが原因となるため、日頃からストレスを溜めない環境を整えておきましょう。

もっと読む

病気を良く知る

先生

発病のメカニズム

日本人の死亡原因のトップにが癌(がん)という病気があり、日本人の2人に1人はがんを患うと言われています。がんの発症メカニズムに関して話をすれば、そもそも人間の体を構成している細胞は数億とも言われており、細胞の発生と代謝を繰り返し、このことを新陳代謝と言います。正常であれば、新陳代謝を繰り返すのですが、正常な細胞であれば必ず、生まれ変わりをします。皮膚を例に挙げて言えば、新しい細胞が生成されると28日間でターンオーバーを繰り返します。逆に言えばターンオーバーにより新たな細胞を自身の身体で作り出す仕組みをもっているのです。しかしながら、がんの場合、代謝することなく無尽蔵に細胞分裂を繰り返し、正常細胞をも巻き込んで病巣を大きく成長させます。

根治出来なくても治療可能

がんの検診などで再検査を促される場合で、既に進行してしまっている状態で、原発巣から転移しており、ステージ4である場合、告知を受けた多くの患者ががっくりと肩を落とし、落胆するでしょう。ただ、ステージ4の進行してしまった状態で、既に根治不可能であるケースや転移巣が見られる場合は、気落ちするのは当たり前なのかも知れません。ただ、進行してしまったがん患者の場合根治は難しくても延命期間を長くすることは可能となります。現在ではセカンドオピニオンが一般的となり、現在の主治医以外の診断を受け、また最新の治療を受けることも可能です。また、遺伝子レベルの検査にて生存期間を伸ばすための分子標的薬治療なども行われています。分子標的薬は転移巣のがん細胞にも効果を発揮し生存期間が延長された例も多いです。転移したががん細胞は転移先でも無尽蔵に増殖するため、がんの進行を止める必要があります。この期間を長くすることが生存期間を延ばすことになります。自身の病状の把握と治療への意欲を出すことが生存期間を延長する要素となります。

免疫細胞療法の一種

先生

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。治療に樹状細胞を使います。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、攻撃する役割を持ったTリンパ球にがん細胞の目標を提示する性質を持ちます。患者の血液から採取した単球から樹状細胞を培養し、がん細胞の情報を与え、ワクチンとして体内に戻します。

もっと読む

がんの末期症状

困る

癌性腹膜炎とは腹腔内に原発したがんの細胞が腹腔内に撒き散らされるように転移して起きるがんの末期症状です。初期症状が出にくいがんの場合、癌性腹膜炎になってから初めてがんが発見される場合もあります。治療はおこなわれますが、がんの完治を目標とするよりは症状を緩和し苦痛を和らげるのが第一目標になります。

もっと読む

Copyright © 2016 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.