がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

病院

がんの末期症状

困る

腹腔内原発癌の播種性転移

癌性腹膜炎とは、おもに腹腔内部に原発したがんからがん細胞が腹腔内に撒き散らされて腹膜に転移し、腹水がたまったり腸閉塞をおこしたりした状態です。がんとしては末期の病状といえます。癌性腹膜炎を起こしやすいのは、胃がんや膵臓がんなど消化器にできたがん、子宮がんや卵巣がんなどの婦人科系のがんです。初期症状が出にくいがんでは、癌性腹膜炎の状態になって初めて発見される場合もあります。自覚症状は腹膜や臓器が癒着することによる消化器官の狭窄や閉塞、そして消化器官の運動の低下、腹水が貯まることによる腹部のつかえやお腹の張った感じなど、肺あたりからお腹にかけての症状がメインです。胸焼けや吐き気、嘔吐など風邪に似た症状が現れることもあるでしょう。確定診断にはまず腹水細胞診をおこない、これで診断がつかない場合は腹腔鏡での細胞診、あるいは超音波かCT下で大網の細胞診をおこないます。

緩和治療が中心

癌性腹膜炎はがんの末期症状であることから、完治は難しいと考えて治療は進められます。原発がんがどこであるか突き止めた上で、可能であればそのがんを切除します。そのうえで全身に転移が及んでいることを考え化学療法をおこないます。腹腔内へ抗がん剤が投与されることもあります。しかし、これらによるがんの完治は難しく、時にはこうした治療処置が副作用もあわせて患者に大きな苦痛を与える原因になる場合もあります。そのことを考えれば、癌性腹膜炎と診断された場合、苦痛の緩和を第一目的に治療がおこなわれる場合も少なくありません。この場合は、腹水による圧迫軽減のために腹水を持続的に腹腔内から廃除する処置をおこなったり、腸閉塞防止や尿路閉塞防止のための処置をおこないます。腹水貯留と食欲不振による栄養低下には高カロリー輸液が用いられることもあります。あわせて疼痛緩和のために鎮痛剤なども使用されます。

Copyright © 2016 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.