がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく

病院

免疫細胞療法の一種

先生

副作用の少ないがん治療

樹状細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。がんの治療法には従来から手術療法、化学療法、放射線療法の三つの主な療法がありました。それに加えて近年、患者自身の免疫細胞を治療に使う免疫細胞療法がおこなわれるようになりました。自分自身の細胞を使うため、副作用がほとんどないという利点があります。従来の三大療法と併用しておこなう場合もあります。樹状細胞療法は木の枝のような細かい突起を持つ免疫細胞の一種である樹状細胞を使った療法です。この細胞は自分自身ががん細胞を攻撃するのではなく、がん細胞を攻撃する機能を持ったTリンパ球(CTL)にがん細胞の目印を教える役割を果たします。Tリンパ球が兵士で、樹状細胞はそれを指揮する司令官ということになります。

攻撃すべき目標を提示する

樹状細胞療法は、患者の血液を採取して樹状細胞のもとになる単球を取り出すことから始まります。これを人工的に培養し樹状細胞へと成長させます。この樹状細胞に手術で取り出した患者のがん細胞などをもとに作られたがんの目印を取り込ませます。これでその樹状細胞は患者のがん細胞を攻撃する情報を持った司令塔(樹状細胞ワクチン)になります。その後、この樹状細胞ワクチンを患者の体内に戻すと、Tリンパ球に対して攻撃すべきがんの目印を提示します。攻撃目標を与えられたTリンパ球は、集中的にそのがん細胞を狙い撃ちするようになります。Tリンパ球はもともと異物を攻撃する役割を持っていますが、こうして樹状細胞から詳しい情報を与えることで、対象をより効率的に攻撃できるようになるのです。患者の状態にあわせ、オーダーメイドで調整できるのが樹状細胞療法の利点です。ただし、現段階では健康保険診療の対象とはなっていません。

Copyright © 2016 がんは転移する可能性がある|メカニズムを理解しておく All Rights Reserved.